Buffalo WXR-1900DHP

株式会社バッファローのWiFiルータ WXR-1900DHP で、transix IPv4接続オプションサービスを利用できることを確認しましたので、本ページに接続に必要な設定を例示します。

バッファロー製品の公式情報については、以下を参照ください。


設定例

ホームゲートウェイありで自動設定する場合

  1. ホームゲートウェイ(ひかり電話ルータ)のIPv4 PPPoEの接続を無効にします。
    ホームゲートウェイの設定については、ホームゲートウェイの説明書を参照ください。
    (IPv4 PPPoEの接続を維持する場合、後述の手動設定を行ってください)
  2. 機器底面のモードスイッチをAUTOおよびROUTERに設定します。
  3. ホームゲートウェイのLANポートとWXR-1900DHPのINTERNETポートを接続し、WXR-1900DHPの電源を入れます。
  4. インターネット@スタート機能により、自動的にIPv6とDS-Lite IPv4の設定が行われ、接続可能となります。

接続状況は、以下の手順で確認します。

  1. ブラウザでルータの設定画面を表示します。
    初期状態の場合http://192.168.11.1/でアクセスできます。
  2. adminでログインし、詳細設定をクリックします。
    AUTO56-2
  3. ステータス-システムをクリックします。
    • Internet状態通信中となっていることを確認します。
    • IPv6接続状態通信中となっていることを確認します。

    AUTO56-3


ホームゲートウェイありで手動設定する場合

  1. 機器底面のモードスイッチをMANUALおよびROUTERに設定します。
  2. 接続後電源を投入し設定画面を表示します。
  3. 詳細設定画面のInternet-Internet設定で、IPアドレス取得方法IPv4overIPv6を使用するに設定します。
    ゲートアドレスgw.transix.jpを入力し、設定ボタンを押します。
    MANUAL56-1
  4. ステータス-システム画面で、Internet状態通信中となっていること、 IPv6接続状態通信中となっていることを確認します。
    MANUAL56-2

ホームゲートウェイなしの場合

  1. 機器底面のモードスイッチをAUTOおよびROUTERに設定します。
  2. ONU(回線終端装置)またはVDSL装置のLAN(UNI)ポートとWXR-1900DHPのINTERNETポートを接続し、WXR-1900DHPの電源を入れます。
  3. インターネット@スタート機能により、自動的にDS-Lite IPv4の設定が行われ、接続可能となります。
    AUTO64-1

IPv4およびIPv6で接続できているかを確認するには、

などが便利です。